全くシミのないきれいな肌へ【皮膚科で自分に合った治療を選ぶ】

カウンセリング
  1. ホーム
  2. 2種類の薬の効果

2種類の薬の効果

医者

高い効果を実感

肌のシミを消すための化粧品やサプリは数え切れないほど発売されていますが、いずれも確実な効果があるという保証はありません。美容皮膚科では、専門の医師だけが扱える強力な薬品やレーザーを使って、治療の難しいシミに対応しています。美容皮膚科でのみ受けられる治療のひとつに、トレチノインとハイドロキノンを用いた治療法があります。これらの成分は一部の化粧品にも含まれていますが、微量なので効果もそれなりです。皮膚科で処方される医薬品には、化粧品の何倍もの有効成分が含まれていて、はるかに強い効果を期待できます。医師に処方してもらう必要はありますが、薬は自宅で塗ることになるため、簡単で手間がかからない点もメリットと言えます。トレチノインは体内に入るとビタミンAの働きをする物質で、ビタミンAよりも肌に吸収されやすく、50〜100倍もの生理活性を持つと言われています。ビタミンAには新陳代謝を活性化し、皮膚のターンオーバーを促進する作用があります。トレチノインは細胞分裂を促して、皮膚の深い部分で新しい肌を作り、メラニン色素を含んだ古い肌を角質化させて、表面から剥がしていきます。この過程に1〜2週間ほどかかりますが、最初のうちは肌が剥がれ落ちるのと同時に、炎症を起こして真っ赤になったり、強い痛みや痒みを感じたりすることがあります。顔全体に塗るのではなく、シミのある部分だけに塗るのが基本で、特に皮膚の薄い目や口の周りは避けたほうがよいとされています。ハイドロキノンは強い美白作用を持つ医薬品で、メラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑える効果があります。つまりメラニン色素の生成を阻害することで、新しいシミができにくくなります。ハイドロキノンはトレチノインを塗った後で、トレチノインよりも広めに塗るのがポイントです。皮膚科の治療ではトレチノインとハイドロキノンを同時に使用し、数週間後にシミが消えたらトレチノインの使用を停止します。その後数週間は炎症を抑えながら、ハイドロキノンだけを使って美白を行うのが一般的です。トータルでは2〜3か月で効果を実感できると言われています。肝斑も治療できますが、通常のシミよりも時間がかかるので注意してください。基本的に保険は適用されませんが、レーザー治療よりは安価で、気軽に試せるという利点もあります。刺激は強いが効果は高いという口コミが多く見られるので、興味を覚えた方は美容皮膚科で相談してみると良いでしょう。

Copyright © 2017 全くシミのないきれいな肌へ【皮膚科で自分に合った治療を選ぶ】 All Rights Reserved.