全くシミのないきれいな肌へ【皮膚科で自分に合った治療を選ぶ】

カウンセリング
  1. ホーム
  2. 診断をしてもらう

診断をしてもらう

女の人

塗り薬や飲み薬がある

ドラックストアやコンビニエンスストアでも、気になるシミに効果のあるとされている美容液や内服薬は販売されています。ただし、試してみたけど効果が出なかったという方も多いはずです。その理由は、自己診断では自身のシミに合った成分の配合されている美容液などを選択することが難しいからです。単なるシミだと自己判断していても、実は悪性のものだったという場合もあります。シミ取りを希望される場合は、美容皮膚科や美容外科による診断を受けることが、近道です。また、市販で販売されている美容液の成分はそれぞれ商品によって異なります。皮膚科などで処方される外用薬よりも、シミに効果のある成分の配合率が少ないことがほとんどでしょう。また、他の美容効果のある成分などもバランスよく配合されており、多くの人に有効なように作られています。皮膚科で処方される外用薬は、患者さんそれぞれの症状に合ったものですので、シミ取りのみに集中して治療したいという人にお勧めです。シミは、はじめは表面に色素沈着していますが、そのまま適切なケアがなされない状態のまま放置されると、お肌の奥にまで色素新着が進行してしまうケースもあります。早めに治療を考える方が良いでしょう。シミ取りというとレーザー照射や光照射での治療を考える方は多いでしょうが、初期のものは外用薬や内服薬で劇的に治る可能性があります。皮膚科で処方される外用薬には、ハイドロキノンと呼ばれる漂白効果のある成分とトレチノインと呼ばれるお肌の新陳代謝を高める機能のある成分が高濃度で配合されています。強力な薬であることが多いので、用法用量を超えて使用してしまうと赤みを生じたり、白く浮いてしまったりする副作用が出る場合があります。きちんと指示されたとおりに使用すれば、もちろん安全です。皮膚科では内服薬が処方されることがあります。体の中からシミを改善できるので、副作用などは全く生じません。それから、皮膚科で処方される内服薬には、ビタミンcや肝斑の治療にはトラネキサム酸が配合されています。美容目的でのシミ取り治療全般は、健康保険がきかないため自己負担になってしまいますが、外用薬はクリニックによって異なりますが2000円から3000円が相場です。内服薬では数百円から3000円程度です。比較的リーズナブルに治療できるメリットがあります。外用薬や内服薬での改善が見られない場合は、レーザー照射や光照射での治療が必要となり、5回程度の照射を行います。レーザーの種類によりますが1回あたり5000円から10000円が相場です。

Copyright © 2017 全くシミのないきれいな肌へ【皮膚科で自分に合った治療を選ぶ】 All Rights Reserved.